旅のお役立ち情報

Grabは安全なの?実際乗ってみて感じたこと

突然ですが、というアプリをご存知でしょうか?Grab(グラブ)というアプリをご存知でしょうか?

Grab(グラブ)とは、主に東南アジアで使える配車アプリです。

とても便利で安いので気になっている方も多いと思います、

そこで今回筆者が実際に浸かってみた感想を書いていきたいと思います。

実際にGrab(を利用した旅行記はこちらです。

夏ペナン島旅行 屋台が美味しくて安くて最高

2023年夏休みのペナン旅行記の到着1日目になります! 羽田~ペナン島までの記録はこちらもご覧ください^^ https://yuka-voice.blog/airasia/ 無事に定刻通り到着しました ...

続きを見る

Grabは安全?実際乗ってみて感じたこと

Grabとは、主に東南アジアで使われている配車アプリのことです。

Grabを使いこなせるととっても便利なので、東南アジアを旅行する際には使いたいサービスです。

この記事では、Grabの安全性や注意点など実際の体験からまとめています。

  1. Grabとは?メリットなど
  2. Grabの注意点

それでは、一つずつ解説していきます!

合わせて読む
東南アジアでの買い物 値段交渉ってどうやったら良いの?

こんにちわ! 東南アジアを旅行する時の楽しみの一つとして買い物があります。 東南アジアでは安く可愛いものがたくさん売られているので見ているだけでワクワクしますよね。 そしてさらに東南アジアの醍醐味とし ...

続きを見る

Grabとは?メリットなど

Grabは東南アジアを中心に使われている配信アプリを利用したタクシーサービスです。

筆者もマレーシアで初めて利用したのですが、空港~ホテルまでや街中の移動など様々な場面で利用しました。

Grabのメリットをまとめますと

登録は無料

安い料金で乗れる

クレジットカードで引き落とされるのでトラブルになりにくい

どこでもすぐに利用できる

です。

ひとつづつ解説していきます。

登録は無料

Grabの登録はまずGrabのアプリをダウンロードします。

登録は無料なのでクレジットカードなどの必要事項を入力していきます。

現金でも利用できますが、クレジットカードだと運転手とのやり取りがないので楽です。

安い料金で乗れる

筆者がGrabを利用したのは、空港からホテルまでの料金が安かったからです。

およそ普通のタクシーの半額くらいの金額で乗れました。

街中の移動で使った時も、数キロであれば数百円という単位で利用出来るのでコスパ最高です。

クレジットカードで引き落とされるのでトラブルになりにくい

海外旅行でタクシーというとぼったくられるんじゃないか?

メーターを誤魔化されるんじゃないか?と敬遠しがちです。

ですがGrabは使った時点でクレジットカードで引き落とされるので金銭的な不安やトラブルがないのがメリットです。

どこでもすぐに利用できる

Grabはまず、現在地と目的地を入力します。

そうすると、現在地まで来てくれる仕組みとなっています。

短い距離でも送ってくれるので、歩くのに疲れたという時にもいつでもどこでも利用出来るのでとっても便利です。

https://www.grab.com/sg/

 

Grabの注意点

とても便利なGrabですが、ここからは筆者が実際に利用してみて、注意した方が良いと思った点をお伝えしたいと思います!

ドライバーと落ち合えない事も!

時間や場所によってはつかまらないことも

大きなキャリーバッグは4人乗りに乗らない

それでは一つずつ解説していきます!

ドライバーと落ち合えない事も!

Grabは現在地を入力することによって、そこを目印にドライバーがやってきてくれるのですが

(カーナンバーを目印にこちらも探します)

分かりづらい場所だとお互い見つからない場合もあります。

なので、配車を頼む場合は分かりやすいスポットなどに移動してから頼むと見つけやすいです。

また、どうしても落ち合えない場合はどうなるのか?

そうした場合キャンセル料を支払う必要があります。

筆者も1回だけどうしても落ち合えなくて、キャンセル料を支払いました(;_;)

といっても100円とかそれくらいなのですが、いい気分じゃないので注意しましょう。

時間や場所によってはつかまらない事も

もう一つ、Grabを利用して困った!と思ったことは時間や場所によってはなかなかドライバーがつかまらないといったことです。

市街地などはすぐにつかまるのですが、ちょっと田舎など外れた場所だとつかまらないこともあります。

筆者が利用した時は、リゾート地から市街のホテルに移動するときで1時間ほど待ちました。

ホテル間の移動で荷物があるため6人乗りをチャーターしたのですが、6人乗りは特につかまりにくい傾向があります。

特に帰国の時に捕まらないのは困るので、空港までの配車は早めに待機した方が良さそうです。

大きなキャリーバッグは4人乗りに乗らない

Grabのタクシーは大きなキャリーバッグだと4人乗りでは乗らない可能性があるらしいです。

わが家は4人だったのですが、荷物のある空港の往復は6人乗りを選択しました。

少し割高になりますが、「荷物が入らない~!」となるのは避けたいですよね。

まとめ

Grabは東南アジアでは主流の移動方法なので、使えると便利な移動手段です。

落ち合えないなどのデメリットもときたまありますが、どの場所からもすぐに呼べて金銭のやり取りの心配、目的地を伝える労力がないのは

海外旅行では大きなメリットだと思います。

Grabを利用しつつ、快適な旅行にしてみてください^^

-旅のお役立ち情報