アニメや漫画の考察

話題のホラー漫画「鬼獄の夜」凄惨すぎる死亡キャラについて語る

※本ページはプロモーションを含んでいます

漫画meeで連載されていた人気漫画「鬼獄の夜。」

ホラーな展開とお色気の混じったバランスが絶妙で、ホラー好き&パニック好きな方には高確率でハマる漫画です♪

そんな「鬼獄の夜」ですが結構な死亡キャラが出てしまう事でも有名です。

いつ・誰が死亡するかわからないので好きなキャラクターが死なないかどうかもドキドキする漫画です。

そこで今回は「鬼獄の夜」にでてくる主な死亡キャラを挙げていきたいと思います!

(エリカと柴は除外させていただきます)

鬼獄の夜の死亡キャラ一覧

鬼獄の夜ではどんどん死亡キャラがでてきます(泣)

しかもほとんどが凄惨な死に方をしているのがキツイですね・・

  1. 赤坂晴馬
  2. 藤崎茜
  3. 女狐参
  4. 黄瀬大地
  5. 青柳鷹介

それでは「鬼獄の夜」の死亡キャラを一人づつ解説していきます!

「鬼獄の夜」はコミックシーモアで初回70%OFFで読むことが出来ます!↓↓

参考記事
コミックシーモア【7日間無料】は本当?実際試して分かったこと

※本ページはプロモーションを含んでいます コミックシーモアは最近ではCMで流れてたり、電子書籍のアプリとしても認知されています。 そんなコミックシーモアですが【7日間無料】と謳われていますがこれは本当 ...

続きを見る

赤坂晴馬

まず、筆頭に死亡したのが美空の弟である赤坂晴馬でした。

晴馬は早々最初に出会った鬼に、牡丹と茜を庇いそのまま胸を突きさされ死亡してしまいます。

一番最初の犠牲者となってしまいましたが、その後美空の弟として夢枕にたって「牡丹を助けてくれ」と訴えるなどの活躍?

をみせています。茜への思いと牡丹への未練を残したまま死亡した晴馬君が可哀想すぎますね(;_:)

藤崎茜

茜ちゃんは、晴くんの次に死亡するキャラクターです。

茜ちゃんは鬼に襲われ、殺されてしまうという、鬼獄の夜で一番といっていいほどの惨い死亡シーンだったと思います。

このシーンがトラウマになった人も多いのでは・・

茜は晴馬にも鷹介にも好かれるぼたんに嫉妬して、一時はぼたんを見捨てようとしましたが、本当はぼたんが好きだったんですよね。

そんな思いのまま死んでしまった茜ちゃんも報われないです(>_<)

女狐参

https://twitter.com/manga_mee/status/1138461117599166464

鬼獄の夜の隠れたヒロインは参ではないか?というほど人気キャラになりました。

もともとは、柴の手下として忠誠を誓っていましたが、美空たちと共にすることで、美空たちの愛に共感するようになり

柴を裏切り美空たちの仲間となり、最終的に柴と手錠で繋がり柴を道連れに死のうとしますが、崩壊する社の下敷きになって死亡してしまいました。。

最後まで本当に美空の味方になったのかドキドキして見ていましたが、参はとても良い女の子だったので死亡してしまった時は悲しかったですね(;_:)

黄瀬大地

黄瀬くんは第2部から、美空と灰原と共に柴に戦いを挑むメンバーとして活躍しましたが、柴の手により鬼化させられてしまい

長い間地下に閉じ込められてしまうという・・見ていられない展開でした。

まだ人間としての記憶が残ってた黄瀬君が書いた美空への手紙が泣けます(;_:)

最終的に、鬼化した黄瀬君はエリカの手によって殺されてしまいました(;_:)

筆者は黄瀬君ファンだっただけに、最後まで残ってほしいキャラクターでした。

青柳鷹介

鷹介はぼたんを守るため柴に魂を売り、柴側につきますが最終的に柴にやられてしまいました・・

鷹介は最後まで生き残ると思ってたんだけどな~

鷹介が死亡した後のぼたんが怖かった・・

しかし鷹介の死により、当初のメンバーは牡丹以外全員死亡するとは・・

連載当初はこんなしんどい漫画だとは思わなかったな。。

まとめ

「鬼獄の夜」の死亡したキャラクターをまとめてみました!

  1. 赤坂晴馬
  2. 藤崎茜
  3. 女狐参
  4. 黄瀬大地
  5. 青柳鷹介

他にもエリカや柴、女狐弐なんかも死亡していますが、今回は柴側によって死亡させられた主要キャラに絞って解説いたしました。

それぞれ人気なキャラ達でしかも凄惨な殺され方だったのが見ていて辛い漫画でした。。

とはいえ、最期は納得のいく終わり方で感動できる漫画なのでぜひ読んでもらいたい漫画の一つです^^

合わせて読む
読みだしたら止まらない「鬼獄の夜」感想【ホラー好きにおすすめ!】

※本ページはプロモーションを含んでいます ホラーが読みたい!エロティックなのが読みたい!多少グロテスクでもいい! という方におすすめしたいのがこの「鬼獄の夜」です。 もともとはマンガmeeに連載されて ...

続きを見る

-アニメや漫画の考察